バタフライアブス 使い方

バタフライアブスの使い方|これ知らないと効果半減!

 

バタフライアブスダイエットカフェ

 

テレビCMで今話題のながら腹筋ができるEMS!バタフライアブス(ButterflyAbs)

 

そんなバタフライアブスですが、使い方を間違えると効果が半減してしまいます。

 

この記事を読めば、バタフライアブスの使い方で失敗することはなくなります。

 

バタフライアブスの使用方法|使う前のチェックが重要な理由

 

まずは、バタフライアブスを使う前にゲルパッドが肌に合うか確認します。

 

確認方法はこちらです。

 

1、貼りつけ箇所を清潔にします。
2、ゲルパッドのみ貼りつけます。
3、20分間様子をみて、お肌に異常がないか確認します。

 

これがバタフライアブスのパッチテストの方法です。

 

この時、かゆみなど異常を感じた場合は、使用を中止して公式サイトに問い合わせましょう。

 

実は、バタフライアブスを紹介しているサイトはほとんど取り上げていませんが、バタフライアブスは使う前に注意点がいくつかあるんですね。

 

  • 心疾患
  • MS(多発性硬化症)
  • 出産直後
  • 妊娠中
  • 重度の月経中
  • 静脈の炎症
  • 体調や健康に不安がある時。
  • 腹部にヤケドやケガの痕がある。
  • 重度の内臓疾患や病を併発している。
  • 筋肉または関節に持病や異常がある。
  • 認知機能や身体・精神において医療及び介護が必要な方。
  • 医療機器や精密機器を利用している。
  • 血圧や血行に心配や不安のある方

 

上記に当てはまる方は、使用前にお医者さんに相談する必要がありますが、基本的にバタフライアブスを使えないと考えたほうがいいです。

 

バタフライアブスの使い方|充電からゲル電極パッドの取り付けまで

 

バタフライアブス使い方

 

バタフライアブスは電池式ではなく充電式です。

 

なので、コードを使って充電します。

 

バタフライアブスの充電方法は

 

1、ACアダプタを使ってコンセント経由で充電
2、USBケーブルを使ってパソコンなどから充電

 

の二通りです。

 

充電中はオレンジ色に点滅し、グリーンのランプが点灯した充電完了です。

 

充電時間は約2時間です。

 

1回の充電で約10回使用できます。

 

次に付属の「ゲル電極パッド」を本体に取り付けます。

 

取り付けが完了したら、ゲルの保護シートを剥がします。

 

ポイントは保護シートは捨てずにとっておくことですね。

 

使った後に保管するために再度保護する必要があるからです。

 

さて、それでは引き締めたい箇所にバタフライアブスを貼りつけてトレーニング開始です。

 

バタフライアブスの使い方|強度とメニューを選択

 

バタフライアブス使い方

 

バタフライアブスの本体を見ると左右に「down」「up」のボタンが付いています。

 

そちらで10段階の強度を選択することが可能なんですね。

 

使用開始は強度1から始めるわけですが、人によって皮下脂肪の厚さは違うので体感は変わってきます。

 

あまり無理するのは良くないですが、筋肉が収縮するポイントまで調整することが大切ですね。

 

次に本体真ん中にある「program」でトレーニングメニューを選択します。

 

バタフライアブスのトレーニングメニューは6種類あります。

 

バタフライアブスのトレーニングメニュー
1、ビギナーモード(20分)
2、エクササイズモード(25分)
3、シェイプアップモード(30分)
4、スリムボディーモード(40分)
5、メリハリボディモード(30分)
6、アスリートモード(30分)

 

推奨されているようにビギナーモードから始めるのがおすすめです。

 

バタフライアブスの使い方|使用部位と使用時間

 

バタフライアブス使い方

 

バタフライアブスはこれ一つで複数の箇所に使用できるのが魅力ですね。

 

使える箇所は、

 

  • お腹
  • わき腹
  • 二の腕
  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • 背中

 

などです。

 

二の腕や太もも、ふくらはぎの貼り方は力んだ時に筋肉がある箇所に貼ると効果的です。

 

逆に胸に使うのは禁止されているので、大胸筋を鍛えるのは諦めてくださいね。

 

で一日どれくらいやればいいのか?

 

多分、最初は疑問に感じると思います。

 

結論としてバタフライアブスは使用回数の制限はありません。

 

ただ、やり過ぎは禁物です。

 

パットの回数は30回が目安なので、やり過ぎるとコスパが悪くなりますからね。

 

それに筋肉は回復期間も必要です。

 

なので、1日1、2セットくらいがちょうどいいでしょう。

 

同じ箇所に使う場合は連続使用せず、5時間以上空けて使うようにしましょう。

 

バタフライアブスの使い方に関する口コミ

 

確実に数値が改善

 

バタフライアブスを始めた時、体重は85キロ、お腹周りは100センチというぽっこりお腹でした。

 

毎朝出勤前と夜の帰宅後に1、2セットずつ使っています。

 

使い方はメリハリボディモードで強さは6か7くらいに設定、食事制限は以前と変わりません。

 

2週間使った結果、体重が83.5キロ、お腹周りは97センチになり確実に数値は改善しました。

 

バタフライアブス使い方