バタフライアブス 下痢

バタフライアブスを使うと下痢になる?便秘は治るの?

 

バタフライアブス下痢

 

バタフライアブスを使うと下痢になる!という良からぬ噂が流れています。

 

そもそもバタフライアブスはEMSマシンですよね。

 

EMSマシンとは「Electronics Muscle Stimulation」の略。
電気が筋肉を刺激することによってインナーマッスルを刺激し、痩身効果が期待される。

 

そんな便利な機械なのに、下痢になったら困ってしまいますよね。

 

結論から言うと、バタフライアブスを使って下痢になってしまう可能性は確かにあります。

 

今回はどんな人がバタフライアブスを使うと、下痢になってしまうのか検証したいと思います。

 

バタフライアブスで下痢になる人はこんな人!

 

バタフライアブスを使って下痢になる方はかなり限られています。

 

過敏性腸症候群という病気を患っている方は注意が必要なんですね。

 

過敏性腸症候群とは、お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。

 

この症状は、ストレスによっておこることが多く、腸の収縮活動が激しくなり、痛みを感じやすい状態になります。

 

バタフライアブスはへその上や下に貼って使用しますが、使用箇所は腸の周辺です。

 

バタフライアブスの電気刺激で腸を刺激すると収縮活動が激しくなり、下痢になると流れですね。

 

なので、過敏性腸症候群で下痢になりたくない人は、バタフライアブスをお腹に使わないほうが無難ですね。

 

バタフライアブスを使うと便秘が解消するの?

 

『過敏性腸症候群の人がバタフライアブスを使用すると腸を刺激して、下痢になる可能性がある』

 

そんなことを聞くと、『じゃあ、便秘の人はバタフライアブスを使うと便秘が解消するんじゃ?』という疑問がわいてくると思います。

 

結論から言うと、バタフライアブスを使うと便秘が解消する可能性は十分にあります。

 

 

日本人に最も多い弛緩性便秘は腹部の筋力が不足してしまい、腸のぜん動運動が弱いことが原因です。

 

バタフライアブスを使用して腹筋を強化することによって便秘が改善する可能性があるからです。

 

また、下腹部にバタフライアブスを使用すると腸のぜんどう運動が活発化し、便秘が良くなる可能性もあります。

 

そういったことを踏まえて、バタフライアブスは便秘解消に効果的なんですね。

 

バタフライアブスで下痢を防止し、便秘解消するなら公式サイトが最適

 

とは言っても、ご自身で過敏性腸症候群かどうか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方は30日間の返金保証が付いた公式サイトが最適です。

 

バタフライアブスの返金保証制度

 

公式サイトでバタフライアブスを初回購入すると返金保証制度を利用できます。
この制度は、効果に満足できなかったり、下痢などで自分に合わなかった場合適用されます。
申請すると速やかに指定口座に代金が振り込まれます。

 

公式サイトなら、仮に下痢になったとしてもリスクを最小限に抑えることが可能です。

 

バタフライアブス下痢